求人が増える中、看護師のなり方について

医療・福祉分野のニーズ増加に伴って、看護師の求人は増えています。
これから看護師を目指そうという人は、資格取得に向けて頑張りましょう。

まず看護師には大きく分けて2種類あります。
「看護師(正看護師)」と「准看護師」です。
業務内容は基本的に変わりませんが、免許の種類や条件が異なってきます。

看護師免許と就職までの主な流れ

<看護師>

厚生大臣の免許で「国家資格」です。
病人や怪我人に対して診療の補助をしたりお世話をしたりします。
また、医師の指示がなくても医療行為を行えます。

<准看護師>

都道府県の免許で国家資格ではありません。
医師または看護師の指示を受けて業務を行います。
(指示なくして業務を行うことは出来ません)

看護師資格を取得したら、就職活動があります。
主に、看護学校からの職場斡旋の他、看護師専門の人材サービスを利用して求人を探す人も多いです。

自分の生活環境などで、働く地域が決まっている場合は、その地域で運営している病院に直に求人を申し込む方も多いです。例えばこちらの東京都町田にある病院で看護師を募集しているように、病院のホームページに求人・採用情報を積極的に掲載しているところも少なくないので、こちらから直接応募する方も多いです。

次に資格取得までの流れです。

<看護師>

1.高校→短期大学(看護学部・学科)→国家試験
2.高校→大学(看護学部・学科)→国家試験
3.中学→准看護師養成所→准看護師都道府県知事試験→実務経験(3年)→進学コース(2年)→国家試験

<准看護師>

1.高校(衛生看護科)→准看護師都道府県知事試験
2.中学または高校→指定学校(専門学校)→准看護師都道府県知事試験
3.中学→准看護師養成所→准看護師都道府県知事試験

最初から看護師を目指す方法と、
准看護師免許を取得してから看護師を目指す方法とがあります。
准看護師は看護師よりも短い期間で資格が取得できるのが魅力ですが、後々の給与などを考えると、
最終的には看護師を目指したほうが良いと思います。
特に今10代ならば、4年制大学を出て看護しになるというのが一般的で無理が無いように思います。

とりあえず早く働きたいという人は、
まず准看護師になり、現場で働きながら勉強して、看護師免許取得を目指すのも手です。
高度医療に伴い、ますます専門性が求められる現代、准看護師は将来的に廃止になると言われています。
看護師と比べると准看護師は給与が低いのですが、それでも早く就職することを考え、准看護師を選ぶ人も居ます。

●最短で看護師になる方法
中学→准看護師養成所→准看護師都道府県知事試験→実務経験(3年)→進学コース(2年)→国家試験
※この場合20歳で看護師になることができます。

Comments are closed.