マイグレーションの委託

IT社会に欠かせない「システムマイグレーション」ですが
「マイグレーション」には移行するほか、移転、移動、移住などの意味があります。
ITの世界では主にシステムやデータなどを別の環境に切り替えることをいいます。

コンピューターに導入してあるソフト(OSなど)を古いバージョンから新しいものに入れ替える。
古いソフトに蓄えられたデータを抽出や変換し新しいソフトに移動する。
老朽化した機器を破棄するなど新しいシステムを構築、切り替えする。
ソフトウェアなどの開発で古い開発環境から新しい環境にする。
もしくは新しい環境にてきごうするように変換する。
これら全てをマイグレーション(またはレガシーマイグレーション)といいます。

マイグレーションのメリットは特に企業で発揮しています。
市場の変化の激しい中、常に最新の情報や環境に敏感でなくてはなりません。
また、迅速に対応すつためには最新のシステムが重要になってきます。
なぜならITの技術が日々、驚異的に進歩しているからです。

組織や顧客、製品、オペレーションなど
情報の変化が生じると、データ(データベースなど)アプリケーションの変更が必要になる。
多くは企業の買収や合併、業務の最適化(合理化)、
組織変更、新市場への参入などデータの移行が必要になります。
他にはアプリケーション以降、データベース移行、ストレージ移行があります。
データやストレージ移行の際にはサービス停止が必要になる。
停止しないままの移行は困難なためである。

大企業ならIT専門部署があり移行作業はは日頃から普通に作業を行っているが、
小規模企業では専門的知識をもった人材が必ずしも常駐しているとは限らず、
むしろ簡単な移行作業くらいはできても大掛かりな作業となると専門業者に依頼することが多い。

■代表的なマイグレーション専門業者『株式会社CIJ

特に自営業など業種や業務の内容により、
コンピューターの使用を必要最低限にしているといった場合、
古いシステムのままでは非合理的でかえって業務遂行の妨げになることもあり、
大掛かりな移行が必要になることが多く、ある程度の知識があっても自力で行うには大変手間がかかる。

自力での作業にはデータなどの損失、
過度のシステム移行のため経費がかかってしまうなどのデメリットもあることから
専門業者に委託することで経費の削減、
より安全なマイグレーションをすることが可能です。

Comments are closed.