居酒屋を開業するには立地が重要なポイント

居酒屋の経営だけでなく他も同じですが、立地も重要になります。
開業して失敗したいと思う人はいないかと思います。

開業するにも資金も数百万円~1000万円くらい、
もしくはそれ以上かかる場合もあるので、
失敗したからといってすぐに他に移るということもできませんよね。

なので、立地はどこでもいいということではなく、
立地により開業後の経営にも影響してきます。

開業するにもいろいろな業種がありますが、居酒屋経営を目指している人は、
個人差はあるかと思いますが、雇われて仕事をしたくない、
自由に仕事がしたいなど様々ありますが、
40歳~50歳代の男性が脱サラをする人が多いようです。

居酒屋を経営する場合、個人(オリジナル)で経営する場合、
フランチャイズで行う場合があります。

個人でお店を開業する場合には0から準備をして開業をするので、
オリジナルなお店にすることができます。

フランチャイズの場合にはチェーンに加入することになるので、
費用として加盟金・保険金・ロイヤリティが必要となります。
でも、開店・開店後もサポートを受けることができます。

どちらで開業するかはコンサルタントなどに相談してみるといいかもしれません。

立地は開業してから繁盛するかどうかということの重要な要素にもなります。
居酒屋などの飲食店を開業する場合に立地はどんなところを選べばいいのかと迷う部分でもあります。

いい立地というと駅前・大通り沿いなどと思う人もが多いのではないでしょうか。
これらはいい立地の諸条件になり、いい立地というのは飲食需要の相性がいいところになります。
これらは、店舗を売却する際の人気条件を見てみるとよくわかります。

例え、駅前・大通り沿いなど集客が見込めそうなところでもありますが、
そのエリアにおいて需要がなければ集客するのは厳し状況にもなるので、
そういうところはいい立地とはいえないのではないでしょうか。

なので、居酒屋などの飲食店を開業するのに重要なポイントになるのは、
8割くらいが立地といってもいいのかもしれません。

お店のコンセプトにあった立地を選ぶようにすることが、
開業後、繁盛するポイントになります。

立地を変更する場合には時間・費用がかなりかかるので、簡単にできることではないので、
じっくりと考えて慎重に検討して立地を選び、開業をするようにしましょう。

Comments are closed.