事業継承の方法とコンサルティング

中小企業などとって事業継承は大きな問題であり、
どの企業にも必ず訪れる問題と言えます。

事業継承の方法にはいくつかの種類があります。
方法としては、親族などに事業を継承する、従業員などに事業を継承する、
M&Aを行うなどの方法が挙げられます。
事業継承は、専門的な知識や技術と言ったものが求められる分野であり、
それを行うために外部の企業からコンサルティングを行うことで円滑に事業継承を進める事ができます。

事業継承の方法

1、親族などへの事業継承

日本の中小企業で最も多い事業継承の方法と言えます。
雇用の維持や残すべき技術、知識が伝えやすい事業継承の方法と言えます。
一方で、経営者の高齢化や少子化により後継ぎがいないなど、
伝えなければならない雇用の維持や技術、技術と言ったものが
失われている現状にあるのも事実です。

また、例え子どもなどがいたとしても、後を継ぎたいとは限らず、
事業継承がうまくいかない場合もあります。

2、従業員などへの事業継承

従業員などへの事業継承では、従業員に事業を継承する、
外部の人に継承するなどが考えられます。
事業継承を円滑に行うためいは、後継者の選定や育成などが重要であると言えます。

3、M&Aによる事業継承

M&Aとは、企業の合併、買収の総称で、
mergers and acquisitions(合併と買収)の頭文字を取った言葉です。
M&Aは新規事業への参入、不振企業への救済目的などで実施される事が多いです。
近年では、後継者がいないなどの理由で事業継承を目的としたM&Aも増加してきています。

事業継承を円滑に行うためにも早い段階から、準備をしておく事が重要です。
事業継承を円滑に行うための支援をしてくれる企業へのコンサルティングの依頼や、
事業継承で利用する事のできる制度などへの申請を行う事によって、
スムーズに事業継承を行う事ができます。

コンサルティングなどで専門家からの支援や指導を受ける事は、
事業継承を成功させる上で、とても重要な事と言えます。

Comments are closed.