超高齢化社会に向けて、二世帯住宅を考える

日本が抱えている問題の一つに、高齢化社会という項目があります。
もう、かなり前から叫ばれていた問題ですが、
これから先、ますます深刻になることは間違いありません。
高齢化社会とは、なにも人が長生きすることを問題にしているわけではありません。
高齢者が増えて、その生活のあらゆる面で出てくる諸問題のことなのですね。
たとえば、お年寄りの一人暮らしという問題も多いでしょう。

親が年をとったので同居しよう、という方も多いでしょう。
でも、いっしょに暮らすとなるとさまざまな問題も出てくるものです。
それは育ってきた環境の違いということもあります。
それならば、親と子供を別々に暮らせるように、二世帯住宅に建て替えようという考えも、
自然、出てくるわけです。
二世帯住宅とは、二つの世帯がいっしょに生活すること。
今はかなり多くの世帯がこの方法をとっていらっしゃいます。

この二世帯住宅は、実にさまざまな方法があり、
それらは自分たちの生活スタイルを基準にして建てられるものです。
玄関は別々にするかどうか、浴室やキッチン、そしてトイレなどの水まわりも
完全分離型にするかどうかなど、
これは建てる前に身内でしっかりと相談しておく必要があります。
また、生活音というものは実に多くのトラブルを招きます。
それはいくら親子の間でも起こり得ることです。
この点を考えながら二世帯住宅は造りたいものですね。
東京都内には多くの方が住んでいらっしゃるので、必然的に東京での二世帯住宅需要が盛んになっているそうです。

■東京都を中心とした関東圏で活躍する二世帯住宅工務店
注文住宅・二世帯住宅の間取りならT&W(ティーアンドダブリュー):東京・埼玉・千葉・神奈川

このような二世帯住宅には、実はいろいろな利点があるのです。
一つには、子供の世話を始め、家事の手伝い、そして親の介護など、
二世帯住宅ならではのメリットは数知れません。
経済的にもメリットは大きいでしょう。
建築費はもちろんのこと、税負担、生活費用など、
やはり二世帯の方が負担は軽くなりますから。

これからの日本は、高齢化社会がさらに進み、
超高齢化社会もすぐ目の前だと言います。
その時になってから慌てるのではなくて、
特に親の介護の事は、今から充分に考えておきたいものです。

Comments are closed.