リワーク支援を行っているのはどんな施設がある?

仕事をしているとストレスもあるかと思います。
ストレスというのは仕事だけでなく日常の生活でも受けることがありますが、
何だかの原因によってメンタルヘルス不調を起こしてしまう可能性があります。

メンタルヘルス不調により仕事をできなくなってしまい、
休職をせざる得ないということもあるかもしれません。

休職をしても治療して症状が改善したら復職をするということも多いかと思いますが、
そういう時に支援してくれるのがリワーク支援になります。

リワーク支援をしてくれる施設というのはいくつかありますが、
そういったところでリワーク支援プログラムに参加することができます。

職場復帰をしても再発をしてしまうということが多いのですが、
再発夏・再休職ということを繰り返さないようにする必要があります。
リワーク支援プログラムでは再発・再休職を繰り返さないようにするということを目的としているプログラムになっています。

リワークとは(うつ病からの職場復帰) – リワーク(復職支援)の東京足立病院

リワーク支援プログラムを行っている施設というのは、
全国にありますが、行政系・医療系・民間系があります。

行政系になると独立行政法人・福祉保健局になり、障害者職業センター(都道府県)・自治体の精神保健福祉総合センター(各市町村など)があります。

障害者職業センターは都道府県にありますが、利用できる期間が制限されていますが、
復職に向けての作業・講座などになっています。

自治体の精神保健福祉総合センターは各市町村などにありますが、
参加するには費用が必要になります。

対象となっているのがうつ病などの心の病によって休職をしている人、
復職をしても再発を繰り返している人で復職をしたいという意欲がある人になります。

対象外となる場合もあり、失業中・国・地方公共団体・特定独立行政法人に勤務している人になります。

参加するときにかかる費用には健康保険・自立支援医療制度を活用することができます。
医療費の公的負担・補助制度を活用することで費用を軽減することができます。

医療系になると病院・クリニックで行っているのですが、
医療機関のすべてということではありません。

対象となっているのがうつ病などの心の病によって休職をしている人、
復職をしたいという意欲がある人になります。
医療系の場合には入院している人も参加することができます。

参加するときにかかる費用には健康保険・自立支援医療制度を活用することができます。

民間系になると企業・NPO法人になり、対象となっているのがうつ病などの心の病によって休職をしている人、失業中の人で復職をしたいという意欲がある人になります。

Comments are closed.