携帯電話の販売戦略

携帯電話は、10数年前から一般に普及し始め、

現在では私たちの生活には欠かせない必需品となりました。

販売当初から、携帯電話の進化は目を見張るほどのスピードで伸び続けていき、

その急成長し続ける歩みに合わせ、マーケットでの戦略も
同じように進化し続けることが求められてきました。

多様化し続けるユーザーニーズに合わせた端末やサービス展開を提供し続け、

顧客の満足度を満たし続けることは、激戦区である携帯電話市場で生き残るためには
必須の戦略であると言えます。

今回は、この携帯電話市場に関する販売戦略を中心に、
皆さんに概要をお伝えしていきたいと思います。

スマートフォンの普及で変化した携帯電話の販売戦略

7年ほど前から、従来の2つ折りのガラパコス携帯ではない
「スマートフォン」が普及し始めました。

現在では、このスマートフォンの普及率は、
日本人の約半数の50%に達していると言われています。

道を歩けば右にも左にもスマホを持っている人がいる、

というのは今や決して珍しい光景ではないですよね。

実際のところ、2013年度の携帯電話会社全体におけるスマートフォンの年間出荷台数は、

なんと、携帯電話全体における構成比の80%を越えたという結果があります。

この、スマートフォンが全体の8割を越えたという事実から、

携帯キャリアの会社の販売戦略は、もう既にスマートフォンを中心に力を注いでいると言えるでしょう。

近い未来、もうスマートフォン以外を売らなくなるであろうことも安易に予想が出来ますよね。

なぜなら販売戦略とは、お客様のニーズを汲むことが最優先となるからです。

携帯販売店の中には、割引制度や独自のサービスを駆使して、人気を博している携帯ショップも存在します。

■低価格戦略で急成長する携帯電話販売会社『テレウェーブ』
http://telecomland.jp/

現在や未来に向けたお客さんの悩みや欲を探り、新しいビジネスを創り続けていくこと。
それこそが販売戦略における大切な要なのです。

2014年初めのスマートフォン出荷台数とベンダー別シェア率

IDC Japan が6月30日に発表した、国内携帯電話・スマートフォン端末の出荷台数によると、

2014年1~3月は前年比4.4%減の914万台だったことが分かりました。

1000万台超えという出荷台数実績を記録した2013年10~12月から
一転してのマイナス成長となりましたが、
iPhoneの販売は変わらず好調なままだったのことです。

(国内通信事業者のAndoroid端末の在庫調整による影響が不振の原因と言われています。)

また、スマートフォンのベンダー別シェア率は、

Apple 67.4%
シャープ 12.1%
ソニー 10.6%

となっており、
Apple製品のiPhoneなどの人気は衰えることを知らない状態となっています。

ですが、2014年3月末以降、総務省指導のもとで
通信事業者の販売奨励金戦略が大幅に見直されたために、
市況が一変したとの指摘もあります。

このことから、4~6月も、
人気のiPhone端末やAndoroid端末などの販売台数が
マイナス成長になるとの予想がされています。

・・・

以上が、携帯電話の販売戦略についての概要です。

スマートフォンの普及が当たり前になった今、
今後の販売戦略の変化はとても興味深いものであるかと思います。

通信事業者の今後の成長に期待していきたいですね。

Comments are closed.