人間とは歳を取るほど過去を振り返るもの

私は元々は団地住まいだったので
団地を見ると懐かしい感じに襲われます。
もう離れて20年以上経ちますがそれだけに懐かしいですね。

私の少年時代は苛められていた記憶が多いだけに、
良い思い出はありませんがやっぱりたまに戻りたくなります。
免許更新する時、その団地が近くにあるのでちょっと見に行ったりします。
でも故郷の面影はあまりありませんでした。

道路が拡張されてあり建物も増え、
当時は畑一面で空き地も多かったのに
今ではどこがどこだったか思い出せないくらい変わり果てています。
団地自体は古臭く変わっていませんでした。
それだけでも十分です。
当時を思い出してノスタルジックでセンチメンタルになります。
意味分かりませんね。(笑)

でも、当時は広く見えた階段や砂場も今では小さく見えました。
そりゃあそうですよね。私自身が大人になり図体もでかくなったのだから。
苛められて家に引きこもっていた私を
母が追い出して一人で黄昏ていた砂利の広場も狭く見えました。

友達もいなく一人ウロウロしていたあぜ道も
今ではすっかり舗装されていました。
駄菓子屋や酒屋も無くなって違う店になっていました。
やはり懐しすぎて思い出しただけでも泣けますね。
でも、たまにこう言う気分になるのもいいものですね。
今を生きなければ。

Comments are closed.