散歩で前向きに

なんとなく、憂鬱な日ってありませんか?
主婦になれば、毎日淡々と過ぎて行く毎日に、何か社会から取り残された、
生きてる意味など考えてしまうことが多くなってる人も多いのでは?

これ、ちょっとしたプチ鬱って言って、
鬱になる前の前の段階だそうです。
私も、季節の変わり目には自分に自信がないこととか多くあります。
これもそういう体調の変化らしいです。

そう言う時にどうしたらいいのかと言うと、
散歩に出かけるのがいいらしいです。
ペースとか歩き方とか、最初はあんまり気にしないで、
ひたすら自然を感じながら歩く事。下を向かないで歩く事なんだそうです。
むしろ上を向いて歩いた方が効果があるのだとか。

上を向くと喉が開いて、空気が入って来やすい。
脳に酸素が行きやすくなるのです。
落ちてる時って、どうしても息を止めてる時間が出てくるらしく、
そうすると前向きに考えられにくくなるのですね。
脳の活性化させるためにも、上を向いて歩いた方がいいです。

また歩く事で、足裏の神経も刺激して、
プチ鬱状態からは脱しやすくなります。
散歩って、医学的にも脳の関係には強いと言われています。
最初は面倒臭かったり、返ってしんどくなりますが、続けていくうちに、
散歩に行かないとなんか物足らないって感じになる人もいるそうです。
私はまだそこまでいってませんが…。

散歩した後は、少しやる気を出して
色んな事にチャレンジしたくなります。
生きてる意味とか考えなくなるくらい、毎日が充実に向かえる気がしてます。

Comments are closed.