Webプロデューサーの転職

インターネットの普及した現在、Webにまつわる仕事も多く存在しています。
Webサイトも数多くあり、それぞれに色々な人が携わってつくられています。

そのWebサイトをつくる仕事の中で、企画から制作・運用まで全体を統括する責任者のことをWebプロデューサーといいます。
Webプロデューサーはプロジェクトの責任者という立場になり、Web制作の実作業を行う訳ではなく、どちらかというと営業色が強くなります。

具体的には顧客の要望をヒアリングして要件定義を行い、サイトの企画を行います。
それとともに制作メンバーの調整など行いプロジェクトの管理をします。

ちなみに、具体的な制作の指揮を行うのはWebディレクターになります。
企業によってはWebプロデューサーとWebディレクターの区別があいまいなところもあります。

Webプロデューサーへの転職を考える際、どのようなスキルが求められるのでしょうか。

最も必要な能力は「総合力」と言われています。
制作に関する知識はあればもちろんいいですが、それよりもクライアントやスタッフ、関係者との折衝で求められるコミュニケーション能力、発想力、プロジェクトを運営するマネジメント能力、スタッフの手配など行うコーディネーション能力が重要視されます。
管理者という立場ですので、リスク管理や利益を出すことを求められます。Webディレクターとして経験を数年積んだ後、プロデューサーにシフトしていくのが一般的となっています。経験を求められますが、常に新しく発展していくWeb業界ですので、常に情報収集を行っていく必要もあります。

マーケティングや法律・契約など幅広い知識も必要です。責任のある仕事ですので心身のタフさも求められるでしょう。
昨今は大手広告代理店やマスコミなど異業界の出身者がWebプロデューサーに転身するケースもあります。
総合力を兼ね備えた人材であれば、Webの専門知識が乏しくても転職が可能といえそうです。

また、収入についてですが、平均年収は約466万円といわれています。
年収300~500万円の層が全体の半数強を占めます。ヒットを出せば年収1,000万円、というケースもあります。

難しい仕事ですが、やりがいは大変ありそうです。
Web業界で仕事をされている方、Web業界を目指している方、Webプロデューサーという選択肢はいかがでしょうか。

Comments are closed.