職場でのメンタルヘルス対策は大切

職場においてメンタルヘルス対策をするということは大切なことでもあり、
厚生労働省でも義務化をしています。
でも、企業で対策を行っているところも限定されていて、
あっても活用されていないというのが現状でもあるようです。

自分が勤めている職場がメンタルヘルス対策をしているかということを確認をして、
心の健康づくりのためにもうまく活用するといいかもしれません。

厚生労働省では職場においてのメンタルヘルスに関しては、
2012年から実施を目指していて義務化を盛り込んだ労働安全衛生法の改正法案を提出をして、
2020年までには職場でメンタルヘルス対策の導入するということを100%にするということを掲げています。

職場でメンタルヘルス対策をするためのポイントは、
予防・発見・治療・職場復帰になります。

予防というのは社員に対してメンタルバランスを維持するために必要な情報提供になります。
予防をするためにはメンタルヘルスに関しての基礎知識が必要になり、
社員も全員にメンタルヘルに関してのガイドブックなどを配っているところもあるようです。

予防するには相談場所というのも必要になり、
例えば、企業内にカウンセリングルームの設置、外部ではホットラインなど
気張るに相談できるような場所を設置することも大切になります。

そして、次に早期発見をするということです。
メンタルバランスを崩した人を早期に発見することで、症状の進行を止めることができたり、回復に向けて支援をすることができるので、職場での上司は部下がメンタルバランスを崩した人を早期発見できるようにするためにも研修が必要となります。

また、メンタルバランスを崩している人を早期に発見できるように、
社員全員に対しても定期的にアンケート(ストレステストなど)を行うといいかもしれません。

メンタルヘルス不調になってしまった場合には治療が必要になります。
治療が必要になった場合には専門の治療機関を紹介ができるように、
いくつかの専門の治療機関と連携を取るようにしましょう。

その時にプライバシーに関しての配慮が必要になります。
治療が行えるような環境にするということ、
そして、同僚などが理解・配慮できる体制にするということです。

治療をして治って職場復帰をするという場合には、支援というのも大切になります。
本人の意向を聞き、医師からの診断書を基にして職場への復帰支援を行うことが必要になります。

例えば、労働時間を半日勤務・軽労働からというように仕事に関しての条件が必要になるということもあるかもしれません。

そして、重要なのは社員に対して上司はしっかりと事前に説明をして、
状況を理解をしてもうことで、サポート体制というのも構築をしておくようにしましょ。

Comments are closed.